苦手なチーズを美味しく頂くには
おつまみ

苦手なチーズを美味しく頂くには

そのまま食べても、もちろんおいしいのですが、他の素材と合わせても、また格別においしいものです。
しかもチーズの旨味が、他の素材の味を最大限に引き出 してくれるのです。
自分の存在をもしっかりアピールすることを忘れていません。

その上で、あくまでも脇役に徹しようという、その姿勢になにやら考えさせら れるものがあります。
有名なところで、ワインに添える料理としてのレシピですが、もちろん、それだけではありません。
主食といえば、代表格はピザですが、 おつまみとしても種類は無数にあります。

ためしに”おつまみにお勧め”で検索してみてください。
なんと1300以上のレシピがアップされてきます。
高級 バーでしか味わえないスペシャル版から、自宅で作れる簡単つまみにいたるまで千差万別です。

どんなに料理が苦手といっても、ほんのひとつまみ添えるだけ で、へたくそな料理も一人前に思えてきてしまうのだから不思議なものです。
前置きはこの辺にして、肝心のオススメつまみですが、市販のものとはひと味違っ た、家庭でも作れる料理をいくつかご紹介しましょう。
ビールでもワインでも日本酒でも、はたまたブランディーでも、とにかくお酒にあうチーズつまみ、もっ とも簡単なものとして、餃子(春巻き・ワンタン皮)巻きチーズはいかがですか。

市販のプロセスチーズを余った皮で巻いてこんがりと油焼きして完成です。
塩 こしょうで味をまとめます。
中味があまったという時は、若干火を通した後で、チーズで巻いてレンジでチンしても格別です。

3分クッキングの王道でした。
フ ライドポテトにピザ用とろけるチーズをぱらぱらと乗せただけのチーズポテトもオススメです。
暖かいうちに召し上がれ。
小腹が空いたときにオススメおつま み、焼き餅にとろけるスライスチーズを一枚載せてめしあがれ。

クラッカーにトマトと角切りチーズを乗せても美味しくいただけます。
パーティーでも使えま す。
他、工夫次第で、食べ方はいろいろです。
ぜひおいしいレシピを作ってみてください。


このページの先頭へ